melonplanet

アラサーOLです、1年の不妊治療(顕微受精)を経て現在妊娠中です。

転院という選択

こんにちは、メロンです。

前回の話の続き。

今通院しているクリニックは、

・40分程で行ける距離

不妊専門

・比較的良心的な価格

・待ち時間はそこまでない(待っても1時間)

・近い&待ち時間ないので働きながらでも通いやすい

 

というメリットがあって選んで通院してました。

これで結果が出ていれば、なんの問題もなかったんですが、今回の結果を踏まえると下記の不満が湧いてきました。。

・院長のワンマン

・大きいクリニックではないため技術が疑問

・実績を出してないので不明

・説明が最低限(どこもそうかもしれませんが・・)

・昨今メリットがないと言われるロング法が主流

特に、自信を持っていたら実績は出してるんじゃないかな、、というのを感じ。。

クリニックによって技術にどこまでの差があるのかは分かりませんが、やっぱり実績を公表してるクリニックの方がよいのかなと。。

 

今回4AAを2回移植して陰性でしたが、

・4AAの胚盤胞の質は、どこもクリニックでも同じなのか

・移植の技術の差で結果は変わるのか

などがポイントだとは思います。

これがどこも変わらないよだったら、胚盤胞か私の体質に問題があるんでしょう。。

 

とにかく、もう卵もないので、セカンドオピニオンと気分転換もかねて他のクリニックに行ってみようという考えになりました。

BT9判定日の泣き終わった後、さっそく同県内ないの有名クリニック(みなとみらい夢)の体外受精説明会がちょうど翌日だったので申し込み&初診予約(一か月先)、別の有名クリニック(神奈川のKLC)の初診予約(2週間後)しました。

少し気分が楽になりました・・。

 

次回はBT14での結果を踏まえ、今通院しているクリニックで院長と話した内容を綴りたいと思います。